親子で作る手作り絵本 RSSフィード
 


絵本講座スケジュールカレンダーはこちらから☆
大阪市子ども読書活動推進計画(素案)はこちらから☆
リスト表示 | ツリー表示
ツリー全部最新の50件

1megmamamegmama   親子で手作り絵本

材料:8見開き(本文16ページ)の原稿

・左右見開きの状態のケント紙 縦100㍉×横200㍉ 12枚

・厚紙  縦106㍉×横98㍉ 2枚   縦106㍉×横8㍉ 1枚

・製本寒冷紗やガーゼ(もしくは伸縮しない包帯・サラシ布)おおよそ縦80㍉×横50㍉ 2枚 

・色画用紙 おおよそ縦146㍉×横260㍉ 1枚 

・新聞広告の色面 チラシ 折り紙など 

・のり・はさみ・輪ゴム・木工用ボンド(速乾タイプ)・事務クリップ

f:id:megmama:20060422110800j:image

【中身(原稿)を作る】

①ケント紙を切る。真ん中から折り筋をつける。開いておく。

・両見開き12枚の紙を切る。

 前見返し1+扉1+本文8+奥付け1+後見返し1の計12枚です。

・切れたら半分に折りたたんで折り目をつける。

f:id:megmama:20060422110742j:image 

f:id:megmama:20060422110048j:image

原稿を作る。

・題名を考えてお話を作る。もしくは適当にお題を決める。

・広告の色面などを利用して、イメージを手でちぎる。もちろんハサミで切っても良し。

・貼り付ける。本文はケント紙8枚だけに貼ること。扉はケント紙の右半分・奥付は左半分に貼り絵します。無地のケント紙を2枚残しておきます。 

f:id:megmama:20060422110615j:image

f:id:megmama:20060422110604j:image

③糊で張り合わせる。

原稿を半分に折り、背を揃えて並べ重ねて輪ゴム(紙テープ・幅広クリップなど)で固定する。無地ケント紙を最初と最後に置き、前見返し・後見返しとする。順番が正しいか確認する。

f:id:megmama:20060422114648j:image

原稿の裏面同士を張り合わせるので、間違えて表面を貼らないよう、くっつける部分に印をつける。

f:id:megmama:20060422114615j:image

・背の下ページから順に糊付けする。糊は全体に塗らず折り目から3~4㌢位まで塗り込む。原稿を折りすぎないよう注意する。

f:id:megmama:20060422114724j:image

・反対側を糊付けする。これも3~4㌢位まで糊付けし、印同士を確認しつつ間違えないように張り合わせる。f:id:megmama:20060422114858j:image

④背を補強する。

・背にボンドをなすりつける。製本寒冷紗など補強用の布を貼り左右をひっぱりながらきっちり付ける。背から左右にはみ出た部分は糊で貼り付けておく。

【表紙をつける】

①厚紙をつける

・汚れ止めの紙を引いた上に表紙の色画用紙をおく。

・真ん中に背の部分をつけ、両脇を8㍉開けて台紙をつける。(両上下左右が20㍉ずつ開く。)

②厚紙と表紙を糊付けする。

・角を5㍉残して切り落とす。

・補強用の寒冷紗を背と台紙をまたぐように貼り付ける。

・上下左右の順番で表紙に糊付けし、汚れ止めの紙ごと折り、貼り合わせる。上を貼り、下を貼りというように個々に貼り合わせる。

・溝が出来た部分は爪でキッチリ貼り付ける。

【中身と表紙をつける】

・補強用寒冷紗の厚紙のない溝の部分片側にボンドを塗りこむ。

・両方の背と背をキッチリ合わせ、ボンドをつけていない面にたおす。

・中身の見開き部分に汚れ止めの紙を入れ、裏面全体に糊を塗る。

・表紙をパタンと倒しこむ。

・溝の部分を爪で押さえる。

・反対側を向けて同じように糊付けする。

【仕上げ】

・表紙を飾りつける。題名・作者名を書く。

・扉に題名・作者名を書く。

・奥付に作成日・作成者名などを書き込んで出来上がり!

返信2006/04/24 12:52:25